おとなの週末 TOPページ > 小川菊

川越市 埼玉

小川菊

049-222-0034

(昼・夜)うな重「重」2850円 ほかに、うなぎの大きさが異なる「上」3400円、「特」4500円がある。きも吸いとお新香付き

創業180余年の歴史を受け継ぐ

 

 江戸後期︵1807年︶創業、
現在7代目が店を切り盛りする
老舗。珍しい木造3階建てで、
川越市より﹁都市景観重要建築
物等﹂に指定されている。秘伝
のタレにつけて丹念に焼き上げ
るうなぎは、香ばしさとふっく
らとした食感が印象的。焼き上
がりを待つ間、﹁うざく﹂︵80
0円︶や﹁骨せん﹂︵400円︶
を肴に、埼玉県の銘酒﹁神亀﹂や
﹁鏡山﹂を飲むのもいいだろう

江戸後期(1807年)創業、現在7代目が店を切り盛りする老舗。珍しい木造3階建てで、川越市より「都市景観重要建築物等」に指定されている。秘伝のタレにつけて丹念に焼き上げるうなぎは、香ばしさとふっくらとした食感が印象的。焼き上がりを待つ間、「うざく」(800円)や「骨せん」(400円)を肴に、埼玉県の銘酒「神亀」や「鏡山」を飲むのもいいだろう。

(昼・夜)うざく 800円 絶妙な酸味が、脂ののったうなぎの旨さを引き立てている

大正浪漫夢通りに店を構える

埼玉県川越市仲町3-22/ 049-222-0034/ 11時 ~14時、16時~19時※売り切れ次第終了/ 木/ 〈1階〉テーブル2席×5卓、4席×2卓、〈2階〉2席×6卓、4席×5卓 計50席/ 禁煙席あり(全席禁煙)/ カード不可()/ 予約不可(応相談)/ サなし()/ 西武鉄道新宿線本川越駅から徒歩9分 (2014年07月 現在)

その他のメニュー

おとなの週末 今月号のご案内

おとなの週末 11月号

定価700円(税込)

ジバラで行けるご褒美寿司

蕎麦呑み、天国。

やきものとグルメの旅 益子へ。

詳細はこちら