おとなの週末 TOPページ > 桜なべ みの家

江東区 日本橋・人形町・門前仲町

桜なべ みの家

03-3631-8298

(昼・夜)桜なべ(ロース肉) 2100円 「桜なべ」は切り落とし肉(1900円)やヒレ肉(2100円)を使用したメニューもある。千住ねぎを使うなど、ザクにもこだわる。味のポイントとなる「江戸甘味噌」は、麹の量が多く、太平洋戦争時に贅沢品とされ製造中止になった ことも

栄養価が高くヘルシーな馬肉を堪能

 

 創業時は、木場の貯木
場で働く海運事業者な
ど、肉体労働に従事する
男たちのスタミナ食とし
て愛されてきた。建物は
職人たちに値踏みされぬ
ように、全国から銘木を
集めて建てたという。
 名物の桜なべは、鰹と
昆布の合わせ出汁で醤油
と砂糖を加えた割下に、
江戸甘味噌を八丁味噌と
ブレンドした特製味噌が
のる。火にかけたら、味
噌を手早く溶かして味を
馴染ませ、色が変わった
らすぐにいただきたい。

創業時は、木場の貯木場で働く海運事業者など、肉体労働に従事する男たちのスタミナ食として愛されてきた。建物は職人たちに値踏みされぬように、全国から銘木を集めて建てたという。名物の桜なべは、鰹と昆布の合わせ出汁で醤油と砂糖を加えた割下に、江戸甘味噌を八丁味噌とブレンドした特製味噌がのる。火にかけたら、味噌を手早く溶かして味を馴染ませ、色が変わったらすぐにいただきたい。

(昼・夜)あぶらさし 1600円 「あぶらさし」はスッキリとしており、口内でとろける。「肉さし」はロースの芯の部分のみを使用していて、柔らかく旨みがたっぷり

1階の様子。客が向かい合わせに座る「入れ込み式」を導入している。特大の熊手が客を迎える

趣きある外観。ディナー時は玄関には下足番がいて、温かく迎えてくれる

東京都江東区森下2-19-9/ 03-3631-8298/ 12時~14時L.O.、16時~21時半(21時L.O.)、日・祝12時~21時半(21時L.O.)/ 木、5月~10月の第3水/ 〈1階〉70席、特別室6~18席(1万円のコース6名以上の利用で使用可)〈2階〉40席 計最大128席/ 禁煙席なし()/ カード不可()/ 予約可能(4名から予約できる)/ サなし(特別室使用時のみサ10%)/ 都営線森下駅A4出口から徒歩1分 (2015年02月 現在)

その他のメニュー

おとなの週末 今月号のご案内

おとなの週末 11月号

定価700円(税込)

ジバラで行けるご褒美寿司

蕎麦呑み、天国。

やきものとグルメの旅 益子へ。

詳細はこちら