おとなの週末 TOPページ > 日本橋舟寿し

中央区 日本橋・人形町・門前仲町

日本橋舟寿し

03-3661-4569

内容は毎月替わる。にぎりは丁寧な仕事が感じられるネタとシャリのバランスがいい。そのほか、和食の料理人による洗練された料理が堪能できる。銀鱈の粕漬けは季節料理の単品メニューの中でも一番人気。コースの中に入ることも多い 【おしながき(写真はすべて1人)当日までに要予約、1人前から注文できる】先附 胡麻豆腐 前菜 カステラ玉子 白瓜の昆布じめ トウモロコシしんじょう はも寿し 山桃のワイン煮 サーモン奉書巻き 小ナスの田楽 造里 マグロ 生だこ 甘エビ カンパチ 凌ぎ ソーメン 焼物 銀鱈の粕漬け 煮物 夏野菜の煮物 酢の物 もずく にぎり寿し キス マグロヅケ 鯛の昆布じめ アジ 海老 穴子 玉子 お椀 水菓子 メロンと桃のコンポート 寿し会席コース 5250円

酒粕に3日間漬けて焼き上げた銀ダラ

昭和26年創業の老舗。ベテランの寿司職人によって供される江戸前寿司のほか、和食の料理人が手間をかけて仕上げる季節の1品が豊富だ。その日に使う食材はその日に仕入れ、なるべく使い切るようにすることがこの店の基本。米もシャリのでき具合を日々チェックしながら厳選している。毎月内容が変わる「寿し会席コース」(5250円)は、天然の本マグロの刺身や、酒粕に3日間ほど漬けて焼き上げた「銀鱈の粕漬け」など10品が揃い、その質の高さと繊細な味わいに思わず唸る。

マグロ、カンパチ、ホタテ、エビなど8カンのにぎりと巻き物のセット。内容は仕入れによって替わる。茶碗蒸し、小鉢、お椀が付く 梅にぎり(ランチ) 1050円

脂がたっぷりのった銀ダラは酒粕に3日ほど漬け込んでからじっくり焼く。甘みが引き出され、口の中に上品な旨みがフワッと広がる 銀鱈粕漬け 1050円

プリップリのエビが3本も入っている。ほかに穴子やナス、アスパラガスなど季節の野菜が盛りだくさん。揚げ立てを頬張りたい 天婦羅盛り合わせ 1575円

1階のカウンター席。初めてでも居心地がいい

東京都中央区日本橋小舟町11-2/ 03-3661-4569/ 11時半〜14時半(14時L.O.)、16時半〜22時(21時半L.O.)/ 日、祝/ 〈1階〉カウンター10席、テーブル4席×1卓、〈2階〉個室(4席〜8席)最大35席、〈地下1階〉2席×2卓、4席×4卓計69席/ 禁煙席あり(1階は終日禁煙)/ カード可()/ 予約可能()/ サなし(アルコール注文時はお通し525円別)/ 地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A4出口から徒歩5分、日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩5分 (2010年09月 現在)

その他のメニュー

おとなの週末 今月号のご案内

おとなの週末 11月号

定価700円(税込)

ジバラで行けるご褒美寿司

蕎麦呑み、天国。

やきものとグルメの旅 益子へ。

詳細はこちら