おとなの週末 TOPページ > 活鰻専門 うな富

中央区 日本橋・人形町・門前仲町

活鰻専門 うな富

03-3667-7266

特大のうなぎを1尾使っており食べごたえある。タレは甘さ控え目でうなぎの味を邪魔しない。ご飯は固めに炊いてある。肝吸い、おひたし、漬物、とろろ付き 鰻重(松) 3000円

ふっくら蒸し立ての 肉厚うなぎが評判

昭和28年に神田に創業した川魚問屋が前身だけあり、店主は相当なうなぎの目利き。「身が厚いほうがうなぎの味がしっかり出て美味しいから」と、台湾産を中心に通常の1・5倍近くのうなぎだけを使うのがこだわりだ。毎朝店内でさばき、注文が入ってから蒸すので20〜30分待つが、ふっくらとやわらかい食感は蒸し立てならでは。ビールや日本酒などドリンクはすべて500円均一とリーズナブル。ランチは11時半に満席になることもあるほどの人気。

うなぎの肝を20個程度のせた限定品は、肝好きにはたまらない。肝焼丼と右のうな丼を二人で半々に盛ってもらう人も。肝吸い、おひたし、漬物、とろろ、コーヒー付き ランチの限定肝焼丼 1500円

うなぎは半身を使用。肝吸いの肝も大きい。ランチは相席が基本 ランチのうな丼 1500円

小ぢんまりとした店内。

'07年に丸の内から人形町の路地裏に移転した

東京都中央区日本橋蛎殼町2-8-9/ 03-3667-7266/ 11時〜14時L.O.、17時半〜21時(19時半最終入店)、土と戌の日は昼のみで売切れ次第閉店/ 土の夜、戌の日の夜、日・祝/ カウンター5席、テーブル4席×2卓計13席/ 禁煙席なし(ランチは全席禁煙)/ カード不可()/ 予約可能(予約は夜のみ可)/ サなし()/ 人形町駅A1出口から徒歩6分 (2010年05月 現在)

その他のメニュー

おとなの週末 今月号のご案内

おとなの週末 11月号

定価700円(税込)

ジバラで行けるご褒美寿司

蕎麦呑み、天国。

やきものとグルメの旅 益子へ。

詳細はこちら