おとなの週末 TOPページ > 九州地魚と炭豚料理 又佐

千代田区 神田・秋葉原・御茶ノ水

九州地魚と炭豚料理 又佐

03-5298-4141

上州豚の豚バラとレバー、二大人気部位をのせた。香ばしさと甘辛いタレがたまらない。(小)630円もあり レバラ丼(大) 819円

九州で朝獲れた魚を夜には食らう

漁場と港が近い九州から、鮮度を保ったまま毎日空輸される魚がメニューを占める。特にサバには定評があり、2、3月は豊後サバの生や炙りなどが酒のお供に最適。脂がくどくなく、もちもちとした食感の群馬・上州豚も支持が高く、特製ソースをからめて粉チーズをふった「レバカツ」(609円)は、おかわり率の高い看板メニューだ。

一日3〜4皿限定。深みのある甘めの煮汁を吸い込んだ身は、とろんととろける柔らかさ 金目鯛のカブト煮 682円

この日は関サバの生、豊後サバの炙り塩すだちとごまサバ。炙りには脂ののった豊後サバが適している。新鮮ゆえの食感 サバ三点盛 1554円

神田駅、今川橋交差点からすぐ

半個室席もある、ざっくばらんな雰囲気

東京都千代田区鍛冶町1-7-11地下1階/ 03-5298-4141/ 11時半〜14時(月〜木)、16時〜24時(金〜3時半、土〜23時)/ 日・祝/ カウンター14席、テーブル3席×1卓、4席×5卓、6席×2卓計49席/ 禁煙席なし()/ カード可()/ 予約可能()/ サなし(お通し代300円別)/ JRほか神田駅東口から徒歩3分 (2011年03月 現在)

その他のメニュー

おとなの週末 今月号のご案内

おとなの週末 11月号

定価700円(税込)

ジバラで行けるご褒美寿司

蕎麦呑み、天国。

やきものとグルメの旅 益子へ。

詳細はこちら