おとなの週末 TOPページ > 御料理 花ぶさ

千代田区 神田・秋葉原・御茶ノ水

御料理 花ぶさ

03-3832-5387

車海老や白身魚、三つ葉などが贅沢に入り、直径15cmほどもある特大かき揚げにはリピーターが多い。季節を感じさせる炊き込みご飯、小鉢、赤出汁、香物、白玉ぜんざいが付く。炊き込みご飯は3月はあさり、4月は筍を予定 具だくさんかきあげ1000円

丁寧な調理で 季節を味わう

旬の魚介を使うランチの「御飯セット」は、お造りや天ぷら、塩焼きなど日替わりで10種ほど。いずれも素材の持ち味が生かされ、量にも満足。池波正太郎が好んだという「生芝海老揚真丈」は、ほどよく食感を残しながらつぶした芝海老に卵黄や片栗粉を加えて揚げた名物料理だ。昔ながらの趣がある店内のそこかしこには、かつて常連だった氏が残した書や絵が飾られている。

甘辛く煮つけられた鯛かぶとはつやつやと照り輝き、旨みたっぷり 鯛のあら焚きと御飯セット1500円

鯛の刺身を半分は胡麻ダレでそのまま味わい、半分をかつお出汁のお茶漬けで。名物の生芝海老揚真丈と共に 鯛茶漬けと 生芝海老揚真丈のセット1500円

1階はカウンターとテーブル、2・3階に座敷

創業昭和39年

東京都千代田区外神田6-15-5/ 03-3832-5387/ 11時半〜14時半L.O.、17時半〜22時(21時L.O.)/ 日・祝/ カウンター10席、テーブル4席×1卓、座敷6席×3室、10席×2室 計52席/ 禁煙席あり(ランチ時はカウンターのみ禁煙)/ カード不可()/ 予約可能()/ サなし(夜のみサ10%)/ 東京メトロ末広町駅4番出口から徒歩2分 (2011年04月 現在)

その他のメニュー

おとなの週末 今月号のご案内

おとなの週末 11月号

定価700円(税込)

ジバラで行けるご褒美寿司

蕎麦呑み、天国。

やきものとグルメの旅 益子へ。

詳細はこちら