おとなの週末 TOPページ > 新宿ホルモン

新宿区 新宿・代々木

新宿ホルモン

03-3353-4129

質のいい内臓を選別して盛り合わせるため、日によって内容は替わる。手前から時計回りに、がつ芯、チレ、コリコリ、コメカミ、マルチョウ、ピートロ、ハツ。中央はテッチャン。マルチョウのみ、タレで供する 新鮮ホルモン8種盛り 2300円

ホルモン激戦区、新宿の本名店!毎朝市場から仕入れるホルモン

ホルモン激戦区、新宿の本命店! こだわりの内臓は、黒毛和牛と上州豚のみを使用。その日の朝に処理してから4〜5時間という貴重な新鮮部位を、備長炭を使った七輪で焼いて食する。基本は塩味ベースだが、豚のピートロには梅肉、牛のコリコリにはバターのコク、がつ芯はピリ辛のアクセントを加えるなど、飽きさせない。豚の脳みそ、馬のズイといった珍しい部位も揃い、ホルモン好きにはたまらない店だ。新鮮な豚レバにたっぷりのネギが絡み合う「ればテキ」、シンプルな塩味でコリコリとした歯ごたえが抜群の「白センマイ刺」もおすすめ。

梅ペーストと大葉で、シメに軽やかに食べられる冷麺。麺には極細のパスタ・カッペリーニを使っている 新宿冷麺 840円

味噌ベースに青唐辛子と豆板醤が効いてコクのある辛さ。柔らかく煮込まれた豚の胃袋と腸が入る 辛ホルモン煮込み 500円

黒毛和牛の第三胃袋からグレーの部分を丁寧に取り除き、純白に仕上げた珍味。コリコリとした歯ごたえ、塩とネギのシンプルな味付けでさっぱりとして旨い 白センマイ刺 630円

錆びた映画の看板などが飾られ、昭和30年代をイメージしたレトロな空間

東京都新宿区新宿3-12-3藤原第二ビル1F/ 03-3353-4129/ 17時〜24時(フード23時L.O.、ドリンク23時半L.O.)/ 無休/ カウンター12席、テーブル4席×4卓 計28席/ 禁煙席なし()/ カード可()/ 予約可能()/ サなし()/ 東京メトロ丸ノ内線新宿三丁目駅B2出口から徒歩2分 (2010年08月 現在)

その他のメニュー

おとなの週末 今月号のご案内

おとなの週末 11月号

定価700円(税込)

ジバラで行けるご褒美寿司

蕎麦呑み、天国。

やきものとグルメの旅 益子へ。

詳細はこちら