おとなの週末 TOPページ > 

新宿区 新宿・代々木

03-3352-7646

豚バラ肉を6時間かけて煮込むため、余分な脂はすべて落ちて柔らかな仕上がり。卵は煮汁に一昼夜漬け込み、味を染み込ませている。濃い口のタレでこっくりとした旨さがたまらない 豚の角煮と煮玉子 1365円

とびきりの肴とこだわりの酒新宿随一の酒亭。旬を感じさせる絶品料理

地下へと続く細い階段を降り、重い木製の扉を開けると、そこは美酒佳肴が揃う極上の居酒屋。料理を一手に引き受ける下重さんは、銀座をはじめとした割烹で長年修業を重ね、食材の魅力を知り尽くした腕利きの職人。季節ごとに変わる旬の味覚を楽しみにやってくるファンも多い。鮮度抜群の魚介は、長年に及ぶ付き合いがあればこそ仕入れられる上質なものばかり。こだわり抜いて選んだ地酒や焼酎は常時70種類以上。創業から約40年の歴史を感じさせる店内で、心ゆくまで酔いしれたい。

鰹の中落ち部分を醤油で焼き、チーズと合わせた酒盗(鰹の塩辛)をたっぷりとかける。酒盗はチーズと合わせることにより、マイルドな塩気に。 鰹の血合い酒盗焼 1260円

鴨の旨みが蕗に移り、相乗効果でお互いを引き立て合っている。 鴨つくねと蕗の炊き合せ 1155円

一昼夜昆布〆にした鯛の切り身にトロロ昆布を合わせ、ダシをかける。鯛からも旨みが溶け出し絶品! 鯛昆布〆茶漬 880円

店内は入口と打って変わって広々。カウンター席の前には大皿に盛られた料理が並び食欲をそそる。ほぼ連日予約で満席だが、カウンター席は比較的空いているので、直接のぞいてみるのも手

東京都新宿区新宿3-12-12地下1階/ 03-3352-7646/ 17時〜24時(22時45分L.O.)日・祝は16時半〜23時(21時45分L.O.)/ 無休/ テーブル2席×6卓、3席×1卓、4席×8卓、5席×2卓、6席×1卓、カウンター12席 計75席/ 禁煙席なし()/ カード不可()/ 予約可能(予約が望ましい)/ サなし()/ JR山手線ほか新宿駅中央東口から徒歩6分、地下鉄丸の内線ほか新宿三丁目駅C3番出口から徒歩1分 (2010年07月 現在)

その他のメニュー

おとなの週末 今月号のご案内

おとなの週末 11月号

定価700円(税込)

ジバラで行けるご褒美寿司

蕎麦呑み、天国。

やきものとグルメの旅 益子へ。

詳細はこちら