おとなの週末 TOPページ > すし通

港区 六本木・麻布十番

すし通

03-3404-2622

(昼)握り 梅花 3780円 おしながき 本鮪、鯵、赤身のづけ、縞鯵、平目昆布〆、白烏賊、ずわい蟹、白海老、玉子、梅巻き、お椀

熟成させた旨みと匠な隠し包丁

水琴窟の音色が響く、凛とした雰囲気の一軒。15歳からこの道一筋の店主・藤永大介さんがカウンターに立つ。ネタには細やかに包丁が入り、口に入れたとき、酢飯と同時にほどけて一体感が出るよう計算されている。魚の種類や状態によってその数は変わる。熟成も同様に、長年の経験から最適な日数にして、旨さを引き出している。

(昼)日替わりお魚定食 1620円 サバ、金目鯛、カラスガレイなど3種類がひと皿に。鮪を甘辛く炊いたものや稚 鮎の煮びたしなど、料理人が腕をふるう秀逸な小鉢が並ぶ

ゆったりとしたシンプルな造り

カウンターの後ろに並ぶ半個室

風情ある店構え

東京都港区西麻布3-1-15 RFビル地下1階/ 03-3404-2622/ 11時半~13時半(13時L.O.)、18時 ~23時(21時半L.O.)/ 日、祝/ カウンター12席、テーブル4席×2卓、6席×1卓 計26席/ 禁煙席あり(全席禁煙)/ カード可()/ 予約可能()/ サなし()/ 地下鉄日比谷線ほか六本木駅1a出口から徒歩4分 (2014年06月 現在)

その他のメニュー

おとなの週末 今月号のご案内

おとなの週末 11月号

定価700円(税込)

ジバラで行けるご褒美寿司

蕎麦呑み、天国。

やきものとグルメの旅 益子へ。

詳細はこちら